プロテイン

ホエイプロテインの製法 WPC、WPI、ホエイペプチド、CFMの効果の違い


こんにちは‼️
自社で売ってもない
プロテインのことを書き始めてはや3ヶ月。

社員さんの目が怖い
ダメ社長兼サプリソムリエ宮下です。

でも、今日もプロテインについて。
しかも普通のプロテインの記事とかにはあまりない、マニアックなヤツです。

 

だって。

 

 

書きたいんやもん。

 

今日のテーマは
ホエイプロテインの製法
について。

以前の記事で
ホエイプロテインは
筋肉をムキムキにしたい人に向く
➡️プロテインの種類とメリット、デメリット

と書いたのですが。

そのホエイプロテインの中でも
製法によって効果や価格が
違ったりするんです。

1つずつ見ていきます。

 

WPC製法

WPCWhey Protein Concentrate)
濃縮ホエイプロテイン

市場に一番出回っている製法です。

ホエイプロテインの原料になる乳清
(チーズを作るときに出る上澄み液)
をざっくりろ過して濃縮する方法。

【メリット】
✨安い
✨生理活性物質が残っている

【デメリット】
💔乳糖が残っている(5〜6%)
💔タンパク質の純度が低い

製法がざっくりなので、一番コストがかからない。
カルシウムやビタミン
生理活性物質などの
身体に良い影響のあるものも残りやすい。

反面、乳糖などの
身体に合わない人がいる物質も残る

また、余分なものを多く残すので
タンパク質純度は80%程度。

とにかく安くて量が必要という
学生アスリートや初心者にはオススメ。

 

 

WPI製法


WPIWhey Protein Isolate)
分離ホエイプロテイン

WPC製法で分離した
タンパク質をさらに

☑️フィルター膜処理
☑️イオン交換樹脂膜処理
などで不純物を分離して
タンパク質純度を高める製法

 

【メリット】
✨タンパク質純度が90%程度
✨乳糖などを含まない

【デメリット】
💔カルシウムやホエイペプチドなどの
 有用な成分まで除いてしまう

フィルター膜処理は低温でできるため
他の処理法よりも
タンパク質変性の心配がない。

イオン交換樹脂膜処理の方が
タンパク質の純度は上がる。

 

 

ホエイペプチド(WPH製法)

ホエイペプチドもしくは
WPHWhey Protein Hydrolysate)

WPCに酵素処理をして
ペプチド(タンパク質をすごく小さくしたもの)
まで分解したもの。

すでに消化されている状態のため
胃腸への負担が少なくなる

【メリット】
✨胃腸への負担が少ない
✨消化吸収が早い

【デメリット】
💔生理活性物質はほぼ除去される
💔価格が上がる

 

 

 

CMF製法

CMFCrossflow Microfiltration)

特殊なセラミックの膜である
クロスフロー膜を使って
タンパク質をろ過する方法で

WPCよりも高純度のプロテインを作りながら
かつ、生理活性物質は残せる
新しい製法

【メリット】
✨タンパク質純度が高い
✨生理活性物質も残る

【デメリット】
💔価格が比較的高い

 

 

 

各製法の特徴をまとめると

こんな感じです。

 

うん。マニアック。

僕のブログの読者さんって
アスリートというよりは
美容や健康に興味ある方なんですよね。

僕も筋肉ムキムキの男より
美人さんに読んでもらえる方が嬉しい❤️

 

なのに、こんな
マニアックな内容
書いちゃうからモテないんやー😱

 

だけど…次も書きます。

プロテインって飲むと下痢になる人がいます。

これって実は
製法にも関係する話なんです。

次回はそんな内容を書いていきます。

 

公式LINE始めました。

お陰さまであっという間に
2000人以上の方が登録
してくださってます。
本当にありがとうございます💦

ブログの更新のご案内や
LINE限定の最新の栄養学
を発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️

 

 

 

 


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

お時間はかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930