花粉症

歴史に忘れられた栄養素


こんにちは‼️
ビタミンDソムリエの宮下です。

 

一度凝るととことんまで突き詰めます。

 

典型的マニアでオタクな性格です。

 

僕、もし中学時代に
インターネットとかあったら
確実にキモオタさんになってた
と思うんですよね💦

3b7c4ca8

インターネットがなかったおかげで
2次元の美少女に興味が行かなくてよかったです。。

 

 

さて。

 

というわけで今日も
今最先端の栄養学の1つ。

 

ビタミンDのお話。

 

 

まず。
そもそもビタミンDってなんなのか
から入ります。

 

 

そのためには歴史が大事。

 

オタクってすぐ歴史を語りたがるんですよねー。

 

カープオタでもある僕は、すぐ

☑️たる募金の話や
☑️津田恒実さん
☑️前田智徳さん
☑️黒田博樹さん

あたりの
デビューからの歴史を話してきます。

52ffce7b
3b0b6061

 

だからモテないんです…💔

 

 

 

でも…話したいんやー🔥

 

 

そもそもビタミンDの発見には
先日も書いたくる病という病気
が大きく関わっています。

kurubyou

くる病 ポイント

➡️妊婦さんが日焼け止めを塗ると
赤ちゃんが病気になる

 

 

くる病が日光をしっかり浴びることで治ることは
途中で医者も気づいてましたが

 

でも工場で働いてるし
日光浴びるとかムリー💦

 

という患者さんのために
必死に代用品を探しました。

 

その結果、魚のタラの肝油の中に
くる病を治せる成分「ビタミンD」
を発見します🎵

 

そして世界中の工業化が進んだ国に
「工場でずっと働いても
くる病や骨粗しょう症にならないんだってよ!」

と世紀の大発見としてあっという間に広まりました✌️

 

 

実は【ビタミン】というものは

人間が自分では作れないけど
生きてく上で絶対に必要な物

とう定義があるのですが。

 

その後の研究で
ビタミンDは
日光を浴びることで自分で作れる

ことがわかります。

shutterstock_130218290

 

でも。

 

あまりにも世界中に
「ビタミンD」の名前が広まったので

 

 

変えるのめんどくさいし
そのままでいっか😅

 

と現在もその名前のままになっています。

 

科学的な話でいうと
自分で作れてかつ体に大きな影響のある物
はホルモン
のジャンルに入るので。

 

ビタミンDの専門家や科学者は
「ホルモンだというべき💢」

と言っていますが。

 

 

それって

「それは的を得た話だね!」

って誰かが言ったら

 

的を得るというのは誤用だね。
正解は的を射る、
もしくは当を得る(とうをえる)だね。

的は弓矢で射るものでしょう。
日本人であれば、日本語は正確に使わなければ。

 

 

って言うめんどくさい几帳面な人と同じ。

 

ま、僕に至っては

「的を得るが誤用」という意見は
2013年から三省堂国語辞典で撤回され
現代では誤用とは言い切れない

と更にめんどくさい意見をカブしてしまうわけですが…

 

 

そういう細かいところをグチグチついてくるのが
まさにマニアでオタクなわけで。

 

それだとモテないので
しゃーなしこのブログでは
ビタミンDのままいきます。

shutterstock_271748168

そして。

世界中に広まったビタミンD。

 

おりしも時代は第二次世界大戦前後。

 

戦争に関わった国は
とにかく工場をガンガン動かします。

また被害を受けた国も復興のために
工場をガンガン動かします。

 

そこで
室内でずーっと働いてても良いように
ついに政府がビタミンDをたくさん摂るように
介入を始めました。

 

結果

☑️ビタミンD強化牛乳
☑️ビタミンD強化赤ちゃん用ミルク
☑️ビタミンD強化シリアル
☑️ビタミンD強化パン
☑️ビタミンD強化ホットドッグ
☑️ビタミンD強化ソーダ
☑️ビタミンD強化ビール

 

まで出始めました。

とにかくたくさんビタミンD取れよ!

と言われた時代。

 

 

悲劇が起きることになります。

 

1950年代イギリス。

 

子供や赤ちゃんの食べ物にまで
これでもかこれでもかと
ビタミンDを強化した結果。

ビタミンD中毒症

という病気がイギリス全土で発症。

 

実はこの病気。
当時それほど多くの人数の方が
かかっていたわけではないのですが。

 

まだインターネットのない時代。
噂が噂を呼び
とんでもない被害が出ている雰囲気になり。

 

極端に多くの量を取りすぎたことが
原因だったのですが

ビタミンDそのものが悪い!

みたいなイメージがついてしまい。

 

ヨーロッパ全土でビタミンD強化が禁止🚫

 

しかし工業化がひと段落し

日光を浴びればビタミンDが作れることも一般に広まり
くる病という病気がなくなってきて

 

くる病や骨の成長にしか効かない
と思われていたビタミンDは

ひっそりと忘れ去られていきました。

しかし。

 

オタクでマニアな
ビタミンDの科学者たちの研究は

例えば現実の順位が何位であろうと
「今年こそカープが優勝じゃー!!」
と本気で思い込んでいるカープオタの魂のように

 

あきらめることなくこっそり続いていたのです…

 

 

この海外の研究の話はまた次回に😊

 

 

ところで我らが日本ではどうなったのか🇯🇵

 

やはり日本にも
オタクでマニアな研究者はいたようで。

独自のビタミン研究が進んでいました。

 

日本では世界に先駆けて、すでに
2つの新ビタミンが発見
されています。

 

1つはビタミンX
もう1つはアットビタミン

 

 

まだ一般的にはご存知ない方も
いらっしゃるかと思いますが。

 

 

こんな感じのものになります。

 

 

91S7z6AHHqL._AA1500_
⬆️ビタミンX

 

samune5
⬆️@ビタミン

 

 

クールジャパン!!

 

 

いや、言いたかっただけです…

 

 

 

公式LINE始めました。

お陰さまであっという間に
1800人以上の方が登録
してくださってます。
本当にありがとうございます💦

ブログの更新のご案内や
LINE限定の最新の栄養学
を発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️

 


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

お時間はかかるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31