オメガ3系脂肪酸

本当に良いDHA・EPAサプリメントの選び方 酸化対策について


こんにちは‼️
サプリソムリエ宮下です。
 

ここまで

【良いオメガ3サプリの選び方】
1️⃣低温製造であること
2️⃣DHA/EPAの合計が600mg以上

を見てきましたが
正直この2つに当てはまるだけで
ほぼ良い製品だと思います。

選ぶ時の参考にされてみてください😊

 

➡️低温製造についてはこちら
➡️DHA/EPA量についてはこちら

 

今回はさらにマニアックな選び方を書いていきます。

shutterstock_466094015

が、よほどサプリに凝る方以外は
見なくても大丈夫と思います😅

 

 

 

3️⃣酸化対策をしている

DHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸は
身体にとっても良い成分ではありますが

酸化に弱い

という弱点があります。

 

酸化とは油が痛むこと。

酸化した油、傷んだ油は
はっきり言えば、摂ると毒。

サプリメントは美容のため、健康のため
と思って飲まれる方が多いと思いますが

酸化している油は
美容にも健康にも悪いのです。

オメガ3サプリの酸化対策としては

☑️低温製造で作る
☑️無酸素状態で作る
☑️抗酸化物質を入れる

の3つが挙げられます。

 

まず、オメガ3は熱でも傷んでしまうので
低温製造がやはり良いと考えます。

そして、低温製造のようなこだわりメーカーは
酸化対策という基本は
もちろん守っているところがほとんどですので

低温製造の文言があれば
酸化対策に関しては見なくても大丈夫とは思います。

 

ですので、今日は
これ以外の2つに関して説明します。

 

 

【無酸素状態で作る】

酸化、というのは言葉の通り
酸素のあるところで起こります。

人工衛星が何十年も錆びないのは
宇宙空間には酸素がないからだそうです。

space06_convert_20121023120931

 

オメガ3サプリはほとんどの場合
ゼラチン製のソフトカプセル
に入っていますが。

0e993837c7dca5013552abd846cc7889_m

ここに入れるまでの間。

製造の過程で全く酸素に触れない
無酸素状態で行われているものは

酸化のリスクを極端に防げるものとなっています。

 

メーカーHP等に
「無酸素」
の文字があれば当たりです✨

 

 

 

【抗酸化物質が入っている】

無酸素製造でなくても
油を酸化から守る
「抗酸化物質」
を入れていればOK。

ほとんどのメーカーはこちらに当たります。

 

抗酸化物質というと
言葉が難しいですが。

TVで身体に良いよって言ってるものの
大多数がソレと思えば大体あっています(笑)

 

オメガ3とセットになる代表的なものが

☑️ビタミンE
☑️セサミン
☑️リコピン
☑️ローズマリー
☑️アスタキサンチン
☑️クリルオイル
(アスタキサンチン入り)

等でしょうか。

 

原材料名のところに
これらのいずれかが書いてあれば大丈夫です💡

 

上にも書きましたが
オメガ3系脂肪酸は
酸化していなければとても良い効果を持ちますが。

酸化した瞬間から毒に変わります😱

 

ぜひ酸化対策をしっかりしてある
サプリメントを選ぶようにしてみてください💡

 

公式LINE始めました。

お陰さまであっという間に
2000人以上の方が登録
してくださってます。
本当にありがとうございます💦

ブログの更新のご案内や
LINE限定の最新の栄養学
を発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️

 


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

お時間はかかるかもしれませんが、お返事させていただきます。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031