注目記事

エイチジンバリアは新型乳酸菌HJ1入り


こんにちは‼️
現役大学生社長YouTuberサプリソムリエブロガーの宮下です。

実は昨日YouTubeの登録者数が
4,000名様を超えました🎉

 

ありがとうございますー😭

ご興味あれば
こちらの画像をクリックして
最新動画を
ご覧ください⬇️

 

 

そしてもう1つ。

今日でブログを1年間
365日毎日更新達成してましたー🎉

⬆️新ブログの方は
こちらの画像をクリックして
ご覧ください

ありがとうございますー😭

 

あれ?

過去のさかのぼっても
ところどころ抜けてない?

って思った方もいるかもしれませんが

こちらのブログでは
製品などのお話を

もう1つの新ブログでは
栄養素やサプリの一般論を

それぞれお伝えしていて
その日その日でどちらで書いてるのかが違うのと。

 

過去の記事をピペ
皆さんに繰り返し伝えたい内容はリメイクして

お届けしていたりするので
似たような内容の記事は消してたりするからで

毎日新旧どちらかのブログで
アップしてたんですよー😊

というわけで今後とも
ブログ&YouTube共に
どうぞよろしくお願いします。

さて、新製品
『エイチジンバリア』の全貌は
明日書かせていただきますが

その前にもう1つ。

 

新型乳酸菌
『HJ1乳酸菌』

今日はこちらを詳しく見ていきます。

 

HJ1乳酸菌

こちらは栄養素とは
ちょっと違うので
サプリの栄養成分表示には書かれていませんが

ホームページや
製品ラベルの原材料のところに
殺菌乳酸菌末
という名前で載っているのがそれです。

そしてこれがすごい成分なんです。

そもそも、エイチジンシリーズは
身体に住む常在菌に着目した製品で

HJ1乳酸菌は名前の通り
乳酸菌の一種。

この菌は今回共同で開発させていただいた
乳酸菌原料メーカーさんの
自社オリジナル菌で

発見されてまだ2年の菌なので
データそのものは数十年の菌と比較すると少ないですが

それでもたった2年で
とんでもないデータが2つ出てきています。

 

データがない菌とかのほうが
多い世界なのに
これはすごいことなんですが

もっとすごいのがその内容。

1つは細胞実験ですが

抗がん剤(OK432)の7割の
免疫活性を誇る

乳酸菌が免疫に良いのは有名ですが
対象を抗がん剤にして比較するのは
とてもすごいこと💦

しかも当然副作用はありません。

副作用なく、7割までいけるというのは
本当にすごいと思います。

 

そしてもう1つが非常にユニークなのですが
乳酸菌同士がくっつかないこと。

あまり知られていませんが
乳酸菌は基本的に小さいほうが

パイエル板という
免疫をコントロールするのに重要なところに
スッと入れて良いのですが

 

実は乳酸菌って
お互いがめっちゃくっつきます。

そしてデカくなった菌は
必要なところに届かず

理論上効果があっても
現実にそうならなかったりします。

 

ところがこのHJ1は
お互いがくっつかないという
特性を持っている超レアな菌で
(写真左)

菌の数以上の効果を持つとされています。

例えば1000億個(※)のHJ1菌であれば
他の菌の4000億〜5000億個相当。

※エイチジンバリアを1日6粒飲んだ場合の量

 

このHJ1乳酸菌も
『エイチジンバリア』
には配合されています。

腸内環境を良くすることは
免疫にもよく

免疫が良いと老化細胞の除去にも良い
とされているので

アンチエイジング製品で
良い乳酸菌成分をリーズナブルに使えるのは
原料メーカーが製造してくれたおかげだなと本当に思います。

 

ちなみに。

新製品エイチジンバリアは
1袋180粒(1日6粒飲む場合)で6246円なのですが

やらしい話
仮にこの菌を他社から買って入れた場合
少なくとももう3000円は値段を上げないといけない感じです💦

自社菌を持っているというのは
そういう点で物凄い利点なんですね。

 

なお。

弊社では同じH&J社が製造している
『エイチジン乳酸菌』
も扱っていて

こちらも実は抗がん剤との比較がある
EF2001菌という菌を使っています。

そしてこの菌は
元々が非常に小さいという特徴を持っていて
一見HJ1菌の特徴と似ています。

 

この『エイチジン乳酸菌』を飲まれている方は

『エイチジンバリア』に変更したら良いの?


と思うかもしれませんが
腸内環境やその他を目的に
乳酸菌サプリを摂りたいのであれば

現時点では僕は
『エイチジン乳酸菌』を継続することをお勧めいたします。

 

理由は

①発見されてから時間が経ち
過去の研究データが蓄積されている
EF2001菌の方が
現時点では腸活に関する学術資料が多いこと。

 

②仮に乳酸菌量だけで単純計算で考えた場合

✅エイチジン乳酸菌
1日3包で乳酸菌6000億個

✅エイチジンフレーム
1日12粒で乳酸菌1000億個(5000億個相当)

乳酸菌量はエイチジン乳酸菌の方が多く
価格はフレームの方が高くなること。

 

③エイチジン乳酸菌の方が
食物繊維などの別の腸活成分も
豊富に入っていること。

このような点から
腸活目的が主であれば
エイチジン乳酸菌の方をお勧めいたします。

 

『エイチジンバリア』
の本来の目的はそこではなく
エイジングケアまもる力‼️

僕自身はこの2つの製品は
両方とも飲みますが
皆様はぜひ用途に応じて使っていただければと思います😊

 

ぜひ、1人でも多くの必要な方に
『エイチジンバリア』が届くことを願っています。

 

 

 


公式LINE登録のオススメ

新製品発売のお知らせや
最新の栄養学の情報、
更新情報をお受け取りいただけます。

現在5,000名以上の方に
ご登録いただいております。

たくさんの方にご覧いただきたいので
ぜひご登録&ご友人への
ご紹介お願いいたします。

ご登録はこちらから↓


 

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031