オメガ3系脂肪酸

アスリートにオススメの安全で根拠のあるサプリメント


こんにちは‼️
ムキムキのお兄さんよりかわいい女性の方が好き
サプリソムリエ宮下です。

実際、僕の会社のお客様も
このブログの読者さんも
圧倒的に女性の方が多いので
普段はあまりアスリート向けのお話はしないのですが

今まさに冬季オリンピックで盛り上がり。
また2020年には東京で開催されることなどから

現在アスリート向けの栄養学
スポーツニュートリション
が注目されています。

今後TVなどのメディアでも
多く取り上げられ
一般の方や学生さんも飲む機会が増えてくると思うので

今日は最新の研究で注目されている成分を
いくつかご紹介させていただこうと思います。

 

まず、アスリートの方にはすでに
馴染みのある言葉かもしれませんが

サプリメントは実は
アスリート的には2種類に分類されます。

 

 

一つは一般的な

【サプリメント】
(supplement)

英語では補給するものという意味で
その名の通り

足りない栄養素を補うもの
健康を補助するもの

というイメージ。

 

おそらくほとんどの方が考えるサプリのイメージはこちらではないでしょうか。

僕の会社で販売している
・マルチビタミン
・オメガ3系脂肪酸
・乳酸菌

などはこちらに入ります。
また、スポーツ関係で言えば、プロテインなどもこちらに含まれます。

食事などでは栄養が満たされず
80%の体調レベルになるものを
100%に近づけるために飲むものです。

 

そして一般にはあまり馴染みがない
もう1つのサプリメントが

【エルゴジェニックエイド】
(ergogenic aids)

 

 

こちらは本来最高で100%までしかないはずの体調を
一時的に120%まで引き上げてくれるようなイメージのものです。

こう書くとすごいもののような感じですが
例えばコーヒーを飲んで頭がスッキリ
というのは

カフェインによるエルゴジェニックエイド的な効果

とも言えるんです。

他にはイチョウ葉高麗人参などのハーブがこのジャンルに含まれます。

 

さて。

この2種類のサプリが
アスリートに与える影響について
つい最近発表された

「国際運動栄養代謝学紙(International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism)」
の最新号に掲載された論文からの抜粋です。

…今日は普段僕のブログを読まない方が見ていることを意識して、真面目ですよ👍

 

以下論文の要約です。

アスリートの健康、運動応用、回復のためのサプリメント

アスリートの運動パフォーマンスの向上データに基づき
いくつかのサプリメントは摂取を推奨されている。

パフォーマンス向上を図る戦略的手段(エルゴジェニック)として選ばれるサプリ以外にも、エルゴジェニック専門でないサプリの中にもアスリートの健康、運動応用、または怪我などからの回復の助けになりうるものがあり、アスリートのトレーニング効果を高め、競技パフォーマンスの向上の助けになっている。

この研究では、健康、運動応用、または回復力向上をもたらす可能性が示唆されているサプリメントについて評価した。

 

☑️クレアチン一水和物

・強度なトレーニングからの回復力の向上
・安静を必要とする怪我からの回復
・認知処理、軽度の外傷性脳障害の重篤度の低下または回復の向上

をもたらす可能性がある。

➡️オリンピック選手の80%が使っているクレアチン

 

☑️オメガ3系脂肪酸

軽度の外傷性脳障害の重篤度の低下及び回復促進が期待される

 

 

☑️ビタミンD

免疫機能強化作用
骨および筋肉の健康維持、増進に寄与する可能性がある

 

 

☑️プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌など)

上気道感染・風邪・感冒症状の発生率を低下させ
病気にかかっている期間の短縮や重症度の抑制をもたらすことから
アスリートには間接的にトレーニングや競技成績の向上に役に立つ

 

☑️ゼラチン・コラーゲン

骨のつなぎ目の機能向上をもたらす可能性がある

 

☑️クルクミン(ウコン)、タルトチェリージュースなどの抗炎症サプリ

炎症を軽減し、筋肉痛の発症を遅れさせる機能性を有するものがある

 

☑️HMB(βヒドロキシβメチルブチラート)

筋肉の損傷マーカーや筋肉量に関係することが示されている。
アスリートの利用による回復に関係する研究が必要である。

➡️飲むだけで筋肉がつく魔法のサプリ?

 

 

クレアチン一水和物
オメガ3系脂肪酸
ビタミンD
プロバイオティクス
ゼラチン
クルクミン
タルトチェリージュース

などはアスリートがより効果的にトレーニングや競技を行うのに役立つサプリメントであると言える。

参照URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/29345167/
出典:Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2018 Jan 18:1-33.

 

このように
一般的なサプリメントの成分が
アスリートに役立つ
という研究が今どんどん進んできています。

しかし、1つ問題があり。

日本はまだまだ先進国に比べると
アンチドーピングの知識が遅れているとされていて。

狙ってドーピングをやる選手は
日本人にはほとんどいないと思いますが

知らずに禁止されている成分を口にしてしまったり💦

 

あるスポーツ協会は過去

管理しきれないので
とりあえずサプリは全面禁止‼️

などとしたこともあります。
(現在は自己責任でサプリはOKになりました)

 

そうは言っても
何が大丈夫で何が問題あるのかを
全部覚えるのは普通のスポーツ選手には難しいと思います。

特に

エルゴジェニックエイド‼️
活力をあげる‼️
エネルギーの回復‼️

的な表現のあるものは、場合によっては
ドーピングにかかる成分が含まれている可能性があります。

そこで、そういった製品を選ぶ場合には
国内で流通しているものであれば

アスリート専用に
アンチドーピング認定の取れている

BSCGマーク

 

もしくは
インフォームドチョイスマーク

がついているものを選ぶのが
プロアスリートの皆様が自分自身を守ることにつながるかと思います✨

 


公式LINE始めました。

お陰さまであっという間に
2000人以上の方が登録いただいて
本当にありがとうございます💦

 

ブログには載せてない
LINE限定の最新の栄養学
や更新情報を発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

お時間はかかるかもしれませんが、お返事させていただきます。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031