ニュースレター

オプティマルヘルスとオプティマルサプリ


こんにちは‼️
(株)オプティマルサプリの宮下です。

今日は昨日の続き。
2016年12月の
ニュースレターの後編です。

➡️前編 平均寿命と健康寿命

 

「オプティマルサプリ」
〜社名の由来〜

日本では「健康」という言葉は
「病気ではない」
というイメージで捉えられがちです。

健康診断でひっかからなければ健康。
血液検査が正常なら健康。

ちょっと肩こりがあるけど…
ちょっと便秘があるけど…
ちょっと冷え性だけど…

病院へ行くほどじゃないし
薬も飲んでなかったら健康!

というように…。

しかし世界では違います。
WHO世界保健機構では
健康をこう定義しています。

健康とは
病気でないとか、弱ってない
ということではなく。

肉体的にも、精神的にも
そして社会的にも
全てが満たされた状態であること。

 

日本の一般的な考え方とはかなり違いますが
こちらが世界基準です。

特に栄養面での先進国
アメリカでは1980年代までは

「病気でないこと=健康」

という今の日本に近い考えでした。

その当時は健康を
ヘルス(health)
という英語で表現していましたが
その後WHOの定義にのっとり

東洋医学の世界でいう
未病の状態は健康ではない
と判断。

未病とは
「病気ではないけど何か体調が良くない気がする」
という状態。

冷え性、肩こり、便秘
疲れ目、むくみ、睡眠不足
疲れやすい、肌荒れ…

こういう状態を指します。

これがあると
本当の意味での健康とは言えない
ということで。

病気だけではなく
これらの不調もない状態を

新しい健康
=ウェルネス(wellness)

と呼び、そうなるように
自ら進んで健康になる動きが始まりました。

 

そして21世紀になった現在。
このウェルネスをさらにもう1歩進めた状態。
これをアメリカの健康志向の方は合言葉にされています。

 

それが

【オプティマルヘルス】(最善の健康)

です。

 

オプティマル(optimal)は
【最適な・最高の・最善の】
という意味ですが。

 

オプティマルヘルスは

そのひとの年齢に合わせた
ベストの健康状態を
ずっと保ちましょう!
目指しましょう!

という考え方。


人生を生涯楽しみために
ずっと元気でいたいよね!

という発想のもの。

そのためには
成分量や純度がキーワード
になりますが

その名に恥じない製品群になっていると自負しています。

これからも皆様に
【オプティマルヘルス】
(最善の健康)
に近づいていただくための情報発信をしてまいります。

 

 

公式LINE始めました。

お陰さまであっという間に
3000人以上の方が登録
いただいていて。
本当にありがとうございます💦

 

ブログには載せてない
LINE限定の最新の栄養学
や更新情報を発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

お時間はかかるかもしれませんが、お返事させていただきます。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031