ニュースレター

赤ちゃんの奇形の発生率を下げる食べ物とは


こんにちは‼️
サプリソムリエ宮下です。

今日は2018年2月のニュースレターの転載です。

過去のニュースレター一覧

皆さんは、この日本で先天性のある病気の発生率が増えていることをご存知でしょうか?

他の先進国と比較して
日本だけが増えていこの病気。

これは二分脊椎症といって
下のイラストのように赤ちゃんの脊髄に起こる先天性の病気。

タイトルや本文中に
「奇形」
という言葉を使うのは悩みましたが

このことを十数年前に知ったことが
私がサプリのことを人に伝えようと思ったきっかけであり
また、小児科医を目指す理由の1つでもあり。

できる限り多くの方に知っておいて欲しい
情報だと考えているのであえて強い言葉を使わせていただきました。

これになってしまうと
下半身のマヒや脳の障害
内臓の障害が起こりやすくなります。

この二分脊椎症は
残念ながら100%防ぐ方法はありません。

ですので、もし
お子様がなられた方が
いらっしゃったとしても、
それは誰のせいでもありません。

しかし、厚生労働省は
ある成分を意識して摂ることで
この二分脊椎症になるリスクを
50〜70%下げることができる
としています。

その成分とは…

 

二分脊椎のリスクを減らすある成分とは

 

それはズバリ「葉酸」

近年、産婦人科などでも言われるようになったり
母子手帳にも書いてあるので
名前はご存知の方が増えていますが

その摂り方、必要量などに対して
かなり誤解している方が多いものになっています。

 

その結果…

 

2000年に厚生省(現厚生労働省)は奇形予防に葉酸を摂りましょう!という通達を出していますが、名前は有名になったもののリスクは改善されず、17年経った昨年にも(※)先天異常に関係する学会が、再び声明を出す事態になっています。

※この記事は2018年に書かれたものです。


↑2000年の新聞記事


↑2017年の新聞記事

 

なぜ葉酸自体は有名になったのに
結果が改善されていないのか。

 

という2つがほとんど知られていないからだと思います。

 

 

葉酸は妊娠前から

 

日本では妊娠前から産婦人科に行く女性があまりおらず、妊娠してお医者さんに

「葉酸摂りましょうね」


と言われて初めて葉酸を意識する方が多いと思います。

葉酸は神経や血液を作る時にとても大事なもので
足りなくなると二分脊椎などの神経系の奇形や
成長不良、貧血、動脈硬化などを起こすとされていますが

問題なのは赤ちゃんは受精後3週間で、神経、脳、心臓などの大事な臓器の基礎を作っていということ。

 

 

つまり妊娠したかもと思って婦人科に初めて行く人が多いと言われる6週目ではもう遅いんです!

 

なので、本当の意味で予防をしたい場合には
妊娠前1ヶ月〜妊娠後3ヶ月までの間は
特にしっかり葉酸を摂ってください!

と厚生労働省は言ってますが
その「妊娠前に必要」という部分は多くの方が知らないように思います。

 

 

葉酸はサプリから

 

葉酸は、20代〜40代の女性には
1日最低240μg必要とされていますが。

がそれぞれ推奨されています。
妊娠前には追加で400μg必要ということですね。

それに対して。

下の図は、現代の女性が食べている
葉酸の平均値です。

見ての通り、妊娠に対しては
全然足りてません。

 

食事にこだわる方は、緑黄色野菜や豆類など、葉酸の多く含まれている食べ物をしっかり摂っているよーという方もいらっしゃると思いますが、以下のグラフを見ていただくとわかるように数字だけ見ても結構な量の野菜や果物が必要なのと。

 

それ以上に、野菜や果物など、食べ物に含まれる天然の形の葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、吸収率が悪く、実際はこの量のさらに半分以下しか体の中では働かないことが分かっています。

更に、天然型は長期保存や熱にも弱く水にも溶けるので
実際のところ半分近くが分解したり、ゆで汁に溶け出ていたりします。

 

それに対して、
サプリメントに含まれる加工された形の葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は、吸収率が高く、安定して働ける形なので、

厚生労働省も
「栄養補助食品などから摂りましょう」
と加工された形(=サプリ)を推奨していますし。

日本産婦人科学会もガイドラインにサプリからの補給が有効と書いています。

2017年には日本先天異常学会も
サプリメントで摂りましょう
との声明を出しました。

必要な栄養は食べ物から摂ろう!

この考え方は絶対に正しいですし
良いことだと思います。

ですが、食べ物の栄養が減っている現代では
葉酸を本当に必要な量を摂れている方は少ないのではないでしょうか?

必要性や効率を考えて
サプリメントを選択することが
大事な時代になっていると考えます。

 

ちなみに。

下の図が天然型(ポリグルタミン酸型)合成型(モノグルタミン酸型)の違いですが、サプリメントに入っている葉酸は基本的に全て合成型のはずです。

葉酸という成分は天然の形のままであると壊れやすいので
サプリにするときは必ず合成加工します。

ですので、よく葉酸サプリの広告を見ていると

ウチのは吸収率の高い
モノグルタミン酸型です!
(ドヤッ✨)

みたいな文字が強調されてるものがありますが

 

全部だよっ!!

 

では「天然葉酸」をうたう葉酸サプリは何なのか?
という話ですが

例えば「ホウレン草から抽出した天然由来の葉酸を、その後加工して合成型に変えたもの」のことになります。

(素材が)天然であり
(加工法が)合成でもある。

という非常にややこしいものが
葉酸の中ではベストなのです。

さて、葉酸サプリが必要なことは
少しずつ浸透してきていますが

その形はマルチビタミン(ベースサプリ)が良いと思います。
葉酸は1日に必要な量が、妊娠前の段階で640μg。

【μg(マイクログラム)】ってあまり聞いたことがない単位だと思いますが、必要量、実は目に見えないほどめっちゃ少ないんです。

1μgを「g」に直すと
 0.000001g 

なので、「葉酸だけ」入ったサプリを作ろうと思うと
それを固めるために添加物が大量に必要。

実際にある製品は99.9%が本来必要ない固めるための成分でできていました。

 

葉酸はビタミンB群の一種で、別名ビタミンB9。

実は他のビタミンとも共同して働くので
ベースサプリとして摂った方がより効率が良く、
また、他の有効成分が多いと固める成分が少なくても錠剤にできるので、
結果的に添加物の量が少なくて済むんです。

そのような点からベースサプリで摂ることをオススメしますし
事実マルチビタミンが葉酸とは別の奇形の発生率を抑えるというデータもあります。

以上、ご自身が妊娠を希望されている方はもちろん、ご家族や大切な方が妊娠をご希望されている方にもぜひ届いて欲しいなと思う情報でした。

 

さて。

葉酸について色々書いてきましたが
最後にちょっと意外な
葉酸の効果を邪魔するもの
について書いておきます。

それは
「アスピリン」
というお薬。

別名「アセチルサリチル酸」

具体的には
「半分が優しさでできている痛み止め」
の主成分です。

女性には生理痛や頭痛などに使われている方も多いのではないでしょうか?

このアスピリン。葉酸の効果を下げるとされています。

なので同時には飲まず、できれば4時間以上空けて飲まれるのがオススメです。

 

 

 

公式LINE始めました。

お陰さまで
4000人以上のご登録
をいただいております。
本当にありがとうございます💦

ブログには載せてない
LINE限定の最新の栄養学
やブログ更新のご案内、
もうすぐスタートする新HPでのお得な情報などを発信してますので
ぜひこちらからご登録ください⬇️

 

 


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30