ニュースレター

アンチエイジングの新常識『美肌菌』と仲良くなる方法


こんにちは‼️
サプリソムリエ宮下です。

突然ですが皆さん。

皆さんの体の9割は細菌でできています。

こう言われても意味がわからないのではないでしょうか?
しかし近年、体は

細胞ではなく、細菌‼️

こんな表現をする学者さんが増えています。

 

人間の身体は37兆個の細胞でできていると言われています。
このうち、遺伝情報を持たない
赤血球26兆個を除くと
実質人間を作っている細胞は11兆個。

これに対して、腸内細菌など
人間に共生している細菌の数はなんと100兆個以上と言われています。

 

実に約10倍。

ここから科学者の中には
人間の身体は9割が細菌でできている
などと表現する方もいるんです。

この人間と共生している菌は
に人と一緒に存する
ということで『常在菌』と呼ばれます。

そして実はこの人間のパートナー
『常在菌』が人間の健康やメンタル、
そして美容にも大きな影響を持つことが、近年の研究によって明らかになりました。

 

その中でも今回は
皮膚にすみ、人間の

「美しさを作っている」皮膚常在菌についてお伝えしていきます。

 

 

お肌をキレイにしてくれる美肌菌
 

このブログの読者さんは
どちらかというと女性の方が多いのですが

男女ともお肌は
汚いよりはキレイな方がやっぱり嬉しいと思います。

 

では、そのキレイさは何でできているのでしょうか?

 

化粧?食べ物?
もちろんそれらも関係すると思います。

実際サプリの専門家の立場から言わせたら
ビタミン群や食べる油の質などが
美肌にはとても大きな影響を持ちます。

 

しかし、それ以外の部分で今
お肌の潤いを保ち、清潔にしてくれる小さなパートナー
が注目されているんです。

 

それが

表皮ブドウ球菌‼️

別名「美肌菌」「美人菌」と呼ばれている
このパートナーは、基本的に全ての人のお肌にすんでいる善玉菌。

健康な人のお肌は弱酸性で
それがアルカリ性に傾いてくると
肌荒れを起こしたり、病原菌が繁殖しやすくなります💦

 

この美肌菌のメインの仕事は
皮脂を食べて潤いの素を作ったり
お肌を弱酸性にしてくれて
病原菌などの悪い菌の繁殖を防ぐこと。

 

この菌が多いと
それだけプルプルしてくるんです。

美肌の秘訣は、
この表皮ブドウ球菌がすみやすい、増えやすい環境にしてあげること!

また、お肌に関係ある菌はこれだけではありません。

肌の上にすむ皮膚常在菌については
いくつかの種類がありますが、

特にメインなのは
先ほどの表皮ブドウ球菌、
そしてアクネ菌、黄色ブドウ球菌の3種類。

それぞれ、善玉菌、日和見菌、悪玉菌と呼ばれています。

 

表皮ブドウ球菌の働きは先ほど書いたとおりで
この『美肌菌』を大切にして増やすと
以下のようなメリットがあります。

ぜひ大切にして仲良くなりたい菌ですね‼️

 

 

アクネ菌はTVCMなどの影響で
ニキビの原因というイメージがある方が多いですが

皮膚の状態さえ良ければ
むしろ表皮ブドウ球菌と一緒に美肌を作ってくれる菌。

日和見菌と言って
善玉菌と悪玉菌の強い方の味方をするので
他の菌のバランスやお肌を大切に扱っているかどうかが大切になる菌です。


⬆️悪玉菌が増えると、日和見菌も悪玉菌の味方に…

 

悪玉菌と呼ばれる黄色ブドウ球菌は
増えすぎるとお肌をアルカリ性に傾け
雑菌を繁殖しやすくし
肌荒れを起こしたりする菌。

アトピーの人に特に多くすんでいて
この菌が少ない方がアトピーには良いのではと考えられています。

 

 

皮膚常在菌のバランスに良いもの・悪いもの

では何をすると善玉菌が増えて
何をすると悪玉菌が増えるのでしょうか?

善玉菌を増やす行動

基本的には、自然な状態にすれば善玉菌は増えやすくなります。

✅十分な睡眠
✅適度な運動
✅冷暖房を使いすぎない

など、当たり前じゃん💢というものばかり。

でもそれではせっかく
読んで頂いているのに申し訳ないので、
1つ意外なお肌に良いことを。

普通、お風呂に入ると
常在菌は一旦ごっそり
洗い流されてしまいます。

しかし、お風呂から出た後に
軽い運動をしてうっすら汗をかき
それを洗い流さずにタオルで
ふくだけにして寝ていただくと
美肌菌が活性化します。

細かなことは省きますが
実は汗は大きく分けて2種類あり

ワキなどから出るベタベタした汗と違って
お風呂に入った後や
軽い運動をした後に出るサラサラの汗は
美肌菌のエサになるタイプの汗。

抗菌ペプチドという
悪玉菌の繁殖を防ぐ成分も含まれています。

汗を洗い流さないなんて…
と思われるかもしれませんが
美肌菌を増やし、全身の美容液になると思って
そのまま寝てみてください。

※ただし、汗アレルギーのあるタイプの
アトピーと方にはオススメできませんので
ご注意ください。

 

 

皮膚常在菌のバランスを壊す行動

逆に皮膚常在菌バランスを
壊すものには

寝不足
ストレス
紫外線

など、美容に悪いのは当たり前のものもありますが。

 

一般的には良いと思われているもので
実は美肌菌をいじめる結果に
なっているものもあるんです。

たくさんあるのですが、代表的なものを3つ。

 

①抗菌・除菌

現代は抗菌・除菌すれば
清潔なイメージの方が多いですが
実はこれらは善玉菌も殺します。

その後、菌は復活するのですが
その時にバランスを崩すことも多くあります。

除菌スプレーなどは
匂い消しには良いかもですが
身体にその成分がついたり
服に残っているとそれが原因で常在菌バランスが悪くなる可能性もあります。

 

②W洗顔、美容液の使いすぎ

メイクをしっかり落とし
キレイになるために推奨されているW洗顔

皮膚常在菌専門の博士に言わせると
やればやるだけ美肌菌を殺して
復活させにくくする行為だそう。

大半の洗浄剤はアルカリ性なことも原因の1つ。

またそれをフォローするために
化粧水を浴びるように使う方法や
油分の多い美容液を多く使いすぎる方法も
長い目で見れば美肌菌を殺し、乾燥肌に近づけてしまうそうです。

何事もやりすぎは良くないってことですね💦

 

③ピーリング

ピーリングとはざっくりいうと
角質を早めに落として
お肌をキレイに見せる美容法。

ピーリングできる化粧水なども売っています。

ですが、そもそも
この角質が美肌菌のエサ
ということが分かってなかった頃にできた美容法で

これも長くやりすぎると
美肌菌が減り、潤いなどがかえってなくなってきます。

 

 

化粧しない男のお前が言うな💢

というご意見もあるかとは思いますが
あくまでも最先端の皮膚科学ではそうなってる、ってことで
ご参考になればと思います。

 

 

さて。

このような形で近年
美肌菌の研究が進んできて
化粧品業界も大きく変わってきています。

 

これまで美容の基本は

✅クレンジング
✅洗顔
✅保湿

の3つでしたが、
『育菌』
というまず美肌菌を増やす方がキレイになるという概念が生まれました。

その育菌に使えるもので
特に注目されているのが

 

キシリトール
口の中では唾液を出すことで
虫歯菌の繁殖を防いでくれる成分ですが

肌に塗ると美肌菌のエサとなって美肌菌を増やすことが分かっています。

 

グルコオリゴ糖
テンサイ(砂糖大根)などに含まれる成分ですが
これも肌に塗ると黄色ブドウ球菌(悪玉菌)
が肌に定着するのを防いでくれます。

抗生物質や除菌剤などと異なり
美肌菌などの善玉菌には影響がないので
大変注目されています。

 

美肌菌は不思議なもので
食品に含まれる成分が良い影響を与えることが多いんです。

逆に不自然な化学合成品だとダメージを受けてしまう💦

これからの美容業界では
『育菌』が当たり前になってくると思いますが

その中でも食品で聞いたことのある成分をよく見るようになるかもしれませんね‼️

 

 

以上、2019年5月の
ニュースレターより転載でした。

なお、昨年10月から製品のこと以外は
こちらの新ブログに移行しています⬇️

画像をクリックすると新ブログに移動します。

新ブログではアンチエイジングに関わる
様々な最新の栄養学や新常識を。

今ご覧いただいているこのブログでは
各製品の情報や過去のニュースレターなどを。

それぞれ発信していきます。

もしご存知ない方がいらっしゃったら
新ブログの方もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

公式LINE登録のオススメ

公式LINEでは
新旧両ブログの更新情報や
LINE限定情報などをお受け取りいただけます。

現在4000名以上の方に
ご登録いただいております。

ぜひご登録くださいませ😊

ご登録はこちらから↓


 


お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方
へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

コメントを残す

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031